旅行美味しいものが大好き!
ごく普通の会社員「めがねマン」がお得に旅行を楽しむゆるゆるブログ

MENU

2019 特典航空券で行くカナダ旅行④ 〜いまさらですが旅程紹介編〜







どうも、めがねマンです。

 

 ANAマイルを使った特典航空券で行くカナダ旅行、前回は自宅からラウンジまでの記事をお伝えしました。

 今日はその第4話、話は戻って旅程を紹介いたします。

 

 旅程

今回のカナダ旅行の旅程はこちら!

f:id:meganeman1226:20191026152534j:plain

とこんな感じの旅程にしました。

ポイントは目的地であるトロント行きのエアカナダが仁川からの発着であることです。

f:id:meganeman1226:20191026174621j:plain

トロントへ行く目的は前回の記事でもちょっとお伝えしましたが、20年の付き合いになる友人が6月から仕事でトロントへ赴任しています。

彼とは高校時代からずっと遊んでいるのですが、別々の会社に就職してからも初めての海外旅行に一緒に行ったり、私の結婚パーティで司会をしてもらったり、家族でバーベキューやキャンプに行ったり、一緒にマラソンに出場してみたり、俗にいう親友っていうやつです。

普段は、私&彼を含めた5家族で集まることが多いのですが他の3人は誰もついて来てはくれませんでした(笑)

 

日本からトロントへ行こうとするなら、羽田、成田、関西から直行便が出ていますし羽田にいたってはエアカナダのエースナンバーであるAC1便AC2便の便名が振られています。

そこをあえて余分にマイルを使ってまで仁川経由にしたのにはワケがあります。
 

 仁川経由にしたワケ

陸マイラーを始めてから2年ほどがたち、マイルを使ってそれなりに色々な所へ旅行をしました。

北海道、上海、鹿児島、仙台、沖縄、もう一回鹿児島。

まぁ普通に生活をしていたらこんなにたくさん旅行なんて行けないですよね♪

一般的な感覚では十分すぎるくらいの旅をしたのですが、2年の「マイラー集大成」と言ったら大げさですが

①1度長距離の旅をしてみたかったこと

②その長距離でビジネスクラスを体験してみたかった

というのが仁川経由を選んだワケです。

 

ではなぜ、①②を総合すると仁川経由になるのか??

①の長距離は日本発でも経験できます。

問題は②のビジネスクラスなんです・・・。

結果からいうと日本発のトロント行きはビジネスクラスに空きがありません。

それは私がANAの平会員だからかもしれませんが、実際に乗ってみてなるほどな!と思ったのでそれは後々の搭乗記で紹介します。

 

話は戻ってどうやったらビジネスクラスで長距離に乗れるか検索しまくったところ、

①ANA 日本〜北米どこか〜トロント(すべて空席待ち)

②ユナイテッド 日本〜北米どこか〜トロント(すべて空席待ち)

③エバー航空 台北〜トロント

④エアチャイナ 北京〜トロント

⑤エアカナダ 上海〜トロント

⑥エアカナダ 仁川〜トロント

という6択になりました。

①が空席待ちでなければ良かったのですが、確定させたければどの路線にしても別切り発券が必要になります。

 

乗り継ぎのしやすさと現地での滞在時間を考えた結果、⑥が一番現実的かつ諸税の安さもありこの旅程に決めました。

話は長くなりましたが今回の旅行、要は2つのチケット

1枚目 セントレア⇛仁川⇛福岡⇛セントレア

2枚目 仁川⇔トロント

を組み合わせて目的地のカナダ トロントへ行くという4泊6日の旅程です。

残念ながら復路のトロント〜仁川だけどうやってもビジネスクラスが空きませんでしたのでエコノミーですがそもそも私のような庶民がビジネスクラスに乗るなんて身分不相応なので片道でも乗れるだけで十分です(笑)

 

1つだけ心配なのは別切りチケットなので乗り継ぎの失敗だけは致命傷(汗)

さてどんな旅になるのやら。。。

次こそは飛行機に搭乗します。

 

以上、めがねマンでした。