メガネのひとり言

Monologue of Megane!!

2018 LCCで行く釜山旅行記③ ~BX131搭乗編~

どうも、めがねマンです。

 

 

搭乗

f:id:meganeman1226:20190203113842j:plain

本日お世話になるのはエアプサン BX131便

韓国大手のアシアナ航空の子会社のLCC(格安航空会社)で、この便もアシアナ航空とのコードシェア(共同運航)です。

機材はA321-200 LCCでよく使われる近距離向けの機材で、座席は3-3。 私は右の窓側の席に座らせていただきました。

内装は青を基調としていて外装同様とても爽やかな印象です。

 

 

f:id:meganeman1226:20190203113858j:plain

よくLCCは狭いなんて言われますが、エアプサンの機材はもともとアシアナ航空で使っていた機材をリノベーションしているそうで狭いということはなかったです。

ディスプレイはありませんが、1時間ほどのフライトなので全然OK!

 

 

出発

定刻どおりの10:45ドアが閉まりいよいよ出発です。

f:id:meganeman1226:20190203113546j:plain

10:52 名古屋港から三重県上空へ向かいます

 

 

f:id:meganeman1226:20190203113438j:plain

どこだろ? 陸だけになりました。

 

 

f:id:meganeman1226:20190203113640j:plain

鈴鹿山脈上空です。 天気が良くて気持ちいい♪

 

 

f:id:meganeman1226:20190203113725j:plain

10:56 もう日本海?と思ったら琵琶湖でした。。。 海と間違えるほど大きいです。

 

 

f:id:meganeman1226:20190203113920j:plain

f:id:meganeman1226:20190203113938j:plain

ジュースは2,000ウォン(200円) お酒は5,000ウォン(500円)

なかなか良心的な価格ですね。

機内食は12,000ウォン(1,200円)で美味しそうだったのですがお腹を空かせておかなければいけないので見送りました。

 

ちなみに支払いはウォンの他に$、円、元が記載されていました。

当日のレートでは、元<ウォン=円<$の順に割高になります。

ご注文の際は元を用意していきましょう(笑)

 

 

出会い

このころになるとテーブルやリクライニングを使うことができます。

ここで搭乗時に配布された韓国の入国カードを記入してしまいましょう。

名前、パスポート番号、韓国での滞在先などいたって普通の入国カードです。ハングルは書けないので、記入は日本語か英語か迷いましたが英語で記入しました。

この時、左の席から私の手元に視線を感じました・・・

となりの席のおばちゃまです。。。

きっと書き方が分からないんだろうな。 でも自分も完璧に記入した自信はないぞ。。。 と思っていると、

「お兄さん、ちょっと見せてくれない? 書き方分からなくて・・・」

50過ぎとおぼしきおばちゃまはハキハキとした口調で私を見つめてきます。

「はい、よかったらどうぞ。 韓国は初めてなのであまり自信ないですけど・・・」

といって入国カードを渡しました。

おばちゃまは同年代のおばちゃまの4人組みで

f:id:meganeman1226:20190203222928j:plain

通路をはさんで、このような配置で座っていました。

私に話しかけてきたのは、おばちゃまA

入国カードを頑張って記入するおばちゃまA。

「これは英語で書いたほうがいいのかしら?」

「日本語でも大丈夫だとは思うんですけど、英語の方がいいかなと思いまして・・・」

(あんまり自信ないんだけどなぁ・・・)

「英語の方がいいって~!」

おばちゃまAは他の3人に聞こえるよう大声で叫びます。

(や、やめてくれ。 ワシも自信ないんじゃ・・・)

「あら、お兄さん岡崎の方なの?」

カードの住所欄を見たおばちゃまA。

「あ、はい。」

「ねぇねぇ!このお兄さん岡崎だって~!」

またまた3人に聞こえるように大声で・・・

(そんな大声で言わなくても・・・)

「あたしたちね、安城から来たの!」

おばちゃまグループは私の住処である岡崎市のとなり安城市の方だったようです。

その後もおばちゃまのマシンガントークは続き、

「お兄さんいくつ?」

「34です。」

「あら、うちの息子と同じね! ご家族は?」

「妻と子どもがいます。」

「うちの息子もこないだ子どもが生まれたの。あたしおばあちゃん。」

「そうなんですね~。おめでとうございます。」

「お仕事は?」

「車関係を・・・」

「今日はお休みなの?」

「今日と明日が休みで、土日が仕事なんです。」

「あら忙しいのね。」

「ご家族をおいて一人で旅行に?」

「はい。たまにですけど・・・」

「ねぇねぇ!お兄さん一人だって~!」

「韓国はよく行かれるの?」

「いえいえ、初めてです。」

「あたし4回目なの」

(・・・って、ワシより入国カード書いとるやないかい!笑)

「なんで韓国に?」

「安いチケットが取れたので・・・」

「え?いくら?」

「1,300円です。」

「え~っ! 1,300円?」

「ねぇねぇ! お兄さん1,300円でチケット取ったって~!」←今日一番の大声

という具合で見ず知らずのおばちゃま集団と打ち解けて、私の居住地、一人で1,300円のチケットで韓国に行く34歳の男だということが機内の多くのお客さんに知れ渡る事態となりました。。。

入国カードですか? 4人全員にまわってようやく戻ってきましたよ。笑

なんだか騒がしかったですが、こういう時間も悪くはないかな。(笑)

おばちゃまからおやつに安倍川もちをいただいたり、質問攻めに遭っている間に離陸体勢にはいります。

f:id:meganeman1226:20190203114107j:plain

雲と雲の間を抜けて・・・

 

 

f:id:meganeman1226:20190203114131j:plain

厚めの雲の層を通過して・・・

 

 

f:id:meganeman1226:20190203114149j:plain

どこかの島が見えてきました。

 

 

f:id:meganeman1226:20190203114224j:plain

陸地が見えてきて

 

 

f:id:meganeman1226:20190203114246j:plain

マンションが放射状に並んでいるのが見えたら

 

 

f:id:meganeman1226:20190203114342j:plain

着陸です。 めいっぱいフラップを広げてゴーってなるのが好き。

 

ちょっと騒がしかったけど、楽しくおしゃべりしてくれたおばちゃま達。

「韓国、楽しみましょうね!」と言ってここでお別れです。

 

昨日までは赤の他人。 たまたま機内で隣に座っておしゃべり。

そしてまた別々の目的地へ向かう。

一期一会 これも旅の楽しみです。

 

 

以上、めがねマンでした。