メガネのひとり言

Monologue of Megane!!

初の特典航空券旅行 北海道 ~番外編~

どうも、めがねマンです。 

 

f:id:meganeman1226:20180507113326j:plain

 

連休が終わり、日常の世界に戻ってきました。 

いろんな方のブログやツイッターで#エアポート投稿を見させていただきましたが、わたしは#エアポート投稿見るだけおじさんに徹しておりました。。。

 

さてさて先日の特典航空券旅行ですが、帰宅後にあと2つやることがあります。

このブログを読んでくれてる方はご存知の方が多いとおもいますが、記事にさせていただきます。

 

前回までの記事はこちら

 

www.megane-no-hitorigoto.net

 

 

www.megane-no-hitorigoto.net

 

 

www.megane-no-hitorigoto.net

 

 

www.megane-no-hitorigoto.net

 

 

www.megane-no-hitorigoto.net

 

 

帰宅後にやることその①

ANA ライフタイムマイル加算

ANAのマイレージプログラムにはライフタイムマイルという制度があります。

 

 ライフタイムマイルとは・・・

どれだけの距離飛行機に乗ったのか。 単純にそれだけです。

ステータスや搭乗クラスは一切関係なしで一生涯加算されていきます。

もちろん特典航空券での搭乗も対象です。

 

ライフタイムマイルを貯めると・・・

www.ana.co.jp

こんな特典があります。

 

 

さっそくライフタイムマイルの申請をしてみたので、写真つきで紹介いたします。

まずANAマイレージクラブのページから

マイメニュー 各種お手続きを選択

f:id:meganeman1226:20180507103528j:plain

 

 

次にマイレージ事後登録の該当する項目を選択

f:id:meganeman1226:20180507103822j:plain

 

 

事前確認で「お客様番号」「ローマ字表記の名前」「日本語表記の名前」を確認し

ご搭乗便の入力へを選択

f:id:meganeman1226:20180507104407j:plain

 

 

「搭乗年月日」「便名」「区間」「座席番号」を入力し

登録するを選択

f:id:meganeman1226:20180507104654j:plain

 

 

すぐに登録が完了します。

特典航空券なのでマイルは加算されません。

f:id:meganeman1226:20180507104817j:plain

 

 

明細を確認してみると・・・

ちゃんと往復とも登録できていました。

f:id:meganeman1226:20180507104915j:plain

 

じゃあ何が加算されてんだい??とお思いですか?

コチラです!!

f:id:meganeman1226:20180507105209j:plain

ライフタイムマイルの加算はしっかりとされています!

ミリオンマイラーまで千歳往復ならあと813往復!

残りの人生50年とすると年間16往復。

いやあ厳しい道のりですね。。。

まがり間違って到達できたらいいなぁ~っていうレベルの話ですね。

宝くじで10億円・・・とほぼ同義です。笑

 

 

帰宅後にやることその②

デルタ ニッポン500マイル申請

こちらも有名なキャンペーンですね。

国内線1搭乗につき500マイルプレゼント

航空会社 区間 料金クラス問わずという太っ腹なキャンペーンです。

もちろん特典航空券も対象です。

 

詳細はこちら

ja.delta.com

申請方法はカンタン!

https://www.delta.com/content/dam/delta-www/pdfs/Delta_japan500_16form%20(002)%20_20180312_ol.pdf

↑の申請書に記入してFAXするだけ。

 

こちらもやってみました。

f:id:meganeman1226:20180507112537j:plain

今どきFAXか。と思いますが、貰えるものは貰っておきましょう♪

申請は4/29日に行いましたが、まだ加算はされていません。

送付先は03~なので日本法人でしょうか?

連休に入っていたと思うので気長に待ちます。

 

以上、特典航空券旅行のあとにやっとくべき申請2つでした。

 

貰えるものは貰っておく!

これこそ陸マイラーの根っこの部分だと思いますので、これからもコツコツとやっていきます。

 

以上、めがねマンでした。